外部階段からの雨漏り 南大阪店

南大阪店の西島です。

朝晩、めっきり涼しく(寒く?)成ってきた 大阪ですが 日中は 気持ちのいい季節に成りました。

さて、今回の現場ですが 雨漏りが 大雨、台風時にしか 起きないとの現場でした。

外部階段の下に、トイレが有りそのトイレの照明器具より漏水が起きていたとの事で、色んな業者が補修していましたが再発を繰り返していたので、雨漏り調査の依頼を頂き 調査をしました。

南大阪店調査事例03_01

1Fの天井の照明器具の為 天井高の高さから、タイル面、外部階段との取り合い、外部階段、2Fの玄関ポーチ部分写真では、解りずらいのですがシャッターBOXの取り合いと、調べる所は 結構ありました。

下から順番に 調査を始めていき 一つ一つ侵入ヵ所を調べていき雨漏り具象の確認をしました。
今回の雨漏りの原因は、複数の侵入位置が有る、『複数侵入雨漏り』でした。
外部階段のノンスリップ材部分、少量の量ですが外壁ALCとシャッターBOXの取り合い部
玄関ポーチのドア部分と 計3箇所の侵入位置を特定出来ました。

南大阪店調査事例03_02

( 雨漏りの再現が見られたので、直ぐに電気は消しました 漏電する可能性が有りますので!)

雨漏り調査の報告をして 改修工事のお見積りを ご提出とご説明後 工事の依頼も頂きましたので雨漏りの再発が無い様に シッカリと 侵入位置の工事をさせて頂き これで台風、大雨でも安心してもらえました。

南大阪店調査事例03_03

外部階段・玄関ポーチ部 ( FRP防水、新設 ノンスリップ材、端末コの字金物 )
シャッターBOX取り合い部、サッシ部、タイルと外部階段取り合い部 ( シールの打ち替え )

お近くの、雨漏り110番に お問合せ 頂ければ 雨漏りの解決をお手伝いが出来ます。
まずは、シッカリと雨水の侵入ヵ所の特定が 大事です、その上での 工事を お勧めいたします。

雨漏り110番 南大阪店

雨漏り110番 南大阪店の施工事例・雨漏りコラム一覧