雨漏りの疑いも捨ててはいけません。 松戸店

浴室の天井裏で雨漏りがしているとの事で、ご相談を頂きました。

2階の浴室の電気カバーに水が溜まっていたので、点検口から天井裏を確認すると梁部分にシミ跡が付いていたとの事でした。

雨量が多く、長く雨が降っている時に確認した時は、実際に梁が濡れていて、ポタポタと水が垂れているのも確認できたそうです。

ここで連絡をいただき、現地にて確認をしました。浴室の直上階は、居室になっています。

青印部分が、浴室天井裏のシミ跡の位置付近になり、エアコンの貫通部分やサッシ廻り、戸袋廻りは疑わしい箇所として仮説を立てる事ができます。

ここで、エアコンの配管がサッシの下から貫通しています、通常の位置的には低い位置になります。

もちろんサッシの下にエアコンが取り付けてあるのではなく、いわゆる隠ぺい配管となっており、
エアコン取付位置から、壁内を通して、サッシ下から外部に出ている状態です。

この様な隠ぺい配管の場合、冷媒管がしっかりと保温されていない場合、また保温材が劣化してしまった場合などは結露を起こしやすくなります。
また、ドレン配管に流れる水分も、ドレン配管に切れや割れなどがある場合には、壁の中に水分が廻ってします。

実際に、エアコンを5~6時間運転させていると、下の写真のように、雨漏りと思った時と同じような症状が現れてきます。

ここで、エアコンの配管を直せばいいだけなのか?

今の状態で雨漏りに対する検証はまだできていません。

エアコンを運転させていない時で、雨量が多く、長く降っている雨の時はどうなのかの検証をしてからでないとこのシミ跡は、雨漏りでは無く、エアコンの水分ですとは言い切れません。

日数は要してしまいますが、雨降りの時にも状況を確認し、経過観察をし、判断する必要があります。

雨漏り110番 松戸店

雨漏り110番 松戸店の施工事例・雨漏りコラム一覧