台風時の雨漏り

雨漏り110番小平店の米澤です。

今年は日本各地に台風が上陸し、その爪痕を残しております。
短期間に記録的な豪雨となり、道路は冠水し、河川は氾濫し、土砂は崩れ、今までになかった様な状況が頻繁に起こるようになりました。私達の生活はこれ程までに自然の猛威に無力だったのかと重い気持ちにさせられます。

さて、また新しい台風が近づいておりますが、今回は台風時の雨漏りについて少しお話したいと思います。

台風が過ぎますと私のところにも何件か「この前の台風で雨漏りがしたので見てもらいたい」というようなお問い合わせがあります。

 

ph-column160901

※普段は雨漏りがないが強い風を伴った雨の時にだけ発生する雨漏り。

 

お話を伺いますと「ゲリラ豪雨のように凄い雨量の雨が降っても雨漏りが起こった事はないが、台風の時だけ時々雨漏りする」という事が良くあります。台風時の雨漏りで特徴的な例には、風によって巻き上がる下から降るといっていいような雨によって引き起こされる雨漏りがあります。建物の雨仕舞いは基本的に上から降る雨を中に入れない工夫がなされています。下から吹き込む雨に対しては無防備な場合があるのです。

ただ本当に普段の雨では雨漏りがなく、台風の時にだけ起こる雨漏りであるならばすぐに対処しなければならないという程の緊急性はないのでご安心下さい。
但し、雨漏りするという事は壁の内側(2次防水)にも不具合があるということです。出来れば散水調査を行なってしっかりと浸入箇所を突き止め、壁の内側を含めた不具合に対する修理工事を行なう事をお勧め致します。

雨漏り110番 小平店

雨漏り110番 小平店の施工事例・雨漏りコラム一覧