S造ALCの雨漏り 泉大津店

築20年の自宅件、工場S造ALCの雨漏りです。
この年代のALCには、一次防水、2次防水という概念がないことが多いです。

雨仕舞いは、表面の塗装などか、ALCの継ぎ目のシーリングにたよりきっていることが多く、シーリングが劣化し、防水機能が低下すると、雨漏りにつながるケースがおおいです。

一カ所目は、その典型的な雨漏りのシーリング部に少し穴があいており、そこからの雨漏りでした。

泉大津店雨漏りコラム01

こんな、穴で?と思うかもしれませんが、散水調査をすると、いとも簡単にでてきてしまいます。今回の散水調査は雨漏り箇所の確定為におこないました。この場所はシーリング補修にて補修すると、もちろんすぐに雨漏りを止めることができました。ALCには根本的にかえる以外はシーリングに頼ってしまうのが現状でもあります。

2カ所目は新築時から、何回も手直しが入って、止まらない、換気フードからの雨漏りでした。約20年もの間、悩まされていたらしく、換気フードは室内側と室外側と貫通しているので、雨仕舞いに関しては、要注意の箇所になります。

泉大津店雨漏りコラム02

S造ALCは、ある程度、木造やRCと違い、少し建物自体が揺れるように設計されていますので、継ぎ目のシーリングなどがクラックや、シーリングの断裂が起りやすく、メンテナンスをこまめにしておくことが雨漏りの起こしにくい建物を維持する秘訣です。

雨漏り110番 泉大津店

雨漏り110番 泉大津店の施工事例・雨漏りコラム一覧