千葉県四街道市 木造住宅の雨漏り。 千葉店

屋根の葺き替え修理をしたのにまた雨漏り発生!(千葉県四街道市にて)
こんにちは!千葉市若葉区にて、雨漏り調査・修理をしております。千葉店の宮垣です。千葉県四街道市にて、屋根の葺き替え修理を5年前に行ったのに、また雨漏りが発生し始めました。とのご連絡を頂き、現場確認をさせて頂く事になりました。

現場確認の際ヒヤリングにて、横風を伴う雨が降ると1階和室天井に雨音が聞こえてくる。5年ほど前に、今の屋根の上に新規にて屋根材を張り修理をした事、雨が漏れ出すと眠れない事、1階和室天井材を張り替えてもらいたい事等さまざまなご要望がございました。
現場確認に伺い、お客様の現状のお話を聞いた後、ます最初に思ったのは、また、アルミバルコニー廻りが絡んでいるなーと思いました。この後付けのアルミバルコニーは、さまざまな雨漏り修理を妨害する厄介な部位です。今回も雨漏り散水調査をしてみないと今後の修理方法は決められませんが、恐らく取りはず事になるのでは・・・・・?
雨漏り散水調査当日、やはりこのアルミバルコニーが存在する事により、5年間前に屋根修理が適切に行われていない事が原因であると判明、予算高になりますが、この様なケースの場合、当社はこのアルミバルコニーを取り外さないと雨漏りは止まらないし、雨漏りは止まらないとはっきりお伝えしています。結果、今回の様な雨漏り修理を決断されました。簡単な理由は以下の通りです。
本来は、屋根と壁との取り合い部は、屋根野地板が、躯体構造材に造作され、その上に立ち上りが出来る様に1ルーフィングシート2捨て水切り3屋根材、そして、それを隠す様に4外壁材が下りてきます。
カバー工法で良く見受けられるのは、施工の順番が逆になるので、壁との取り合い部は外壁の下(中に)に入っていないケースが多いです。しかし、外壁材の種類によっては、切り込を入れて外壁の中に入れ込む必要性があり、今回のケースは、外壁材が断熱材のない角波金属外壁(厚0.4mm)程度の外壁材の為、間違いなく切り込みを入れなくては、雨漏りの再発率はかなり高くなります。
その理由の主は、金属外壁は、既設による表面の温度差が激しく、シーリング材の劣化が進み易いのと、このタイプの金属外壁材は、風により、細かな動きが生じてしまい、ある程度の期間に伴い、隙間が出来やすい事です。
以上の様な事を考えながら、今回雨漏り修理をさせて頂きました。この工程が以下の通りです。

1散水状況(アルミバルコニーが取付してある状況にて)

2アルミバルコニーを取り外した状況

  

3作業状況(2次防水処理防水テープ処理)

 

 

4作業状況(捨て板金取付前処理)

 

 

5作業状況(捨て板金を金属外壁の中に取付)

 

 

6バルコニー取付・完成

 

以上ご報告を終わります。今後共よろしくお願い申し上げます。

雨漏り110番 千葉店

雨漏り110番 千葉店の施工事例・雨漏りコラム一覧