ブログ詳細 ブログ詳細

ブログ&コラム

雨漏りハンターと糖質制限。

2016.02.11 明るく楽しく元気よく,健康について,フルマラソン挑戦

2016年2月11日(木曜日)

いろいろ思うところがありまして、約1年ほど前から食事を低糖質にしていました。
具体的には主食=炭水化物(ご飯、パン、麺類)を極力減らす食事法です。
昼食の際に茶碗少なめ1杯程度のご飯を食べるだけ。
朝食はなし、夕食は主食抜きです。
グルテンフリーはその前から実践してるので、パン類、麺類はこの1年で数えるほどしか食べていません。

その結果、当然ですが体重が明らかに落ちました。
でも、57~58kgまで落ちたら、その後は全く変わらず安定しています。
おそらく今のこの体重が自分の適正体重ということなのでしょう。

で、今月からほぼ完全な糖質制限に切り替えることにしました。
と言っても、さほど厳格なものではなく、原則として主食(ご飯、パン類、麺類)を摂らないという食事法です。
最近話題になってるMEC食に近い感じです。
主食なしという以外の細かい点にはあまりこだわらないことにしています。
料理に含まれる糖分や、天ぷら・フライの衣、糖質が多い芋類や根菜類などは神経質にならず食べています。
まあ、積極的には摂らないですが。
あまり細かい点までこだわりすぎると実践が難しくなるし面倒くさいですしね。

糖質制限にチャレンジする理由は、この1年の低糖質生活の結果がいいことずくめだからです。
思いのほか得るもの(メリット)が多いと実感しています。
体調はすこぶる好調ですし、毎朝の寝覚めもすごく良いです。
もともと弱かった胃腸の調子が格段に良くなりました。
花粉症の症状が劇的に軽くなりました、というか、ほとんど症状が出ていません。

実は、最近までそれらのメリットは低糖質による効果だと考えておらず、食べる量が減ったことによって胃腸の負担が軽くなり、その結果体調が良くなったと考えていました。
つまり少食によって体調が良くなったのでは?と思っていたのです。

しかし、先日フルマラソンを走った際に、ふと糖質由来のエネルギーに疑念を感じ、いろいろ調べてみたところ、糖質制限に辿り着いたわけです。
いろいろ振り返ってみると思いあたる節が沢山あります。
ご飯類を食べれば食べるほどお腹がすくとか、炭水化物を多めに摂ったあとの睡魔の強烈さとか、アレルギー性鼻炎がひどくなるとか、糖質摂取が多くなると必ず何らかのシグナルが出ていました。

糖質制限に関する書籍を10冊ほど読み込んで、ネットでもいろいろ調べてみたんですが、現時点では賛否両論という感じです。
ただ、炭水化物全般を悪(害)と主張する人たちの中心がお医者たちさんで、そんなお医者さんがとても多く存在する事実には驚きました。
かなりの数の医者が自分自身で実践し、その結果・成果をふまえたうえで推進・推奨しています。
これまでの怪しげなダイエットや健康法とは全く違うところです。
もちろん全体の医者の数からすれば、まだまだ圧倒的に少数派ですけどね。

個人的に感じたのは、糖質制限推進派の医者は皆さん論理的でエビデンスに基いて冷静に客観的に訴えているけど、反対派の医者の主張は感情的で主観的で根拠に乏しいということです。
そして推進派の医者は例外なく自分自身で実践している点も説得力があります。
推進派が糖質制限が正しいと思う根拠をあげて主張してるのに対し、反対派は『いやいや、日本人なんだからご飯を食べるのが普通でしょ、主食を食べないなんて人間としておかしいでしょ』という、結果と根拠をすり替えた感じの主張になっています。
お医者さんなんだから本来は頭が良い人たちのはずなのにちょっと残念。
ガチガチの【変化=悪】主義で、変化を受け入れられない人たち。(笑)

まあ、お医者さん同士の争いはどうでもいいです。
お医者さんにも良いお医者さんと悪いお医者さんがいるわけですから。
僕にとって大切なのは仕事で良いパフォーマンスを発揮するために良いコンディションを保つこと。
そのために糖質制限が良ければ制限するし、糖質食ったほうが良いなら食う、それだけです。
人にとやかく言うつもりもないし、とやかく言われる筋合いでもありません。
自己責任でやってますので。

もともと権威や専門家の言葉を鵜呑みにしない主義ですし、前例や慣習に一切とらわれない天邪鬼な性格なので、理に適ってると思えばとりあえず何でもチャレンジしてみる性分です。
まずは自分の体で人体実験してみて、良い結果が出ればば続けるし、ダメだと思えばヤメればいいだけですから。
今回は、この1年の低糖質生活で思いのほか良い結果が出ているので、一段レベルを上げてほぼ完全な糖質制限にチャレンジしてみようという判断です。

ルールは単純。
主食を摂らない。これだけです。
あまり細かい点まで神経質にならず【主食なし】だけ守ればかなり糖質を抑えられるはずなので。
3月20日のフルマラソンはカーボローディングもせず糖質ゼロのままチャレンジしようと思います。
もし糖質を摂らないで42kmを走り切れたら、そもそも糖質って体に必要なのか?という疑問につながると思いますが。
ほぼ完全な糖質制限を実践して10日目ですが、今のところ問題なし、というか絶好調です。

またレポートします。

それでは。

伝説の雨漏りハンター
唐鎌謙二

僕の著書です。→『自分を磨く「嫌われ仕事」の法則』

音声でもお聴きいただけます。→オーディオブック版はこちら

日常の活動状況ブログは日本外装株式会社 社長・唐鎌のブログ

さらにツイッターでもつぶやいてます。

一覧

日本最大の雨漏り職人ネットワーク お近くの店舗を探す

お住まいの都道府県を選択