新会社設立のご挨拶

2017年1月10日(火曜日)

約1年弱、ブログ更新が滞ってしまいました。(苦笑)
いや、この1年間は本当にハードというか、バタバタした1年でした。
ようやく落ち着いたので、こうして久しぶりにブログを更新している次第です。

この1年間、なぜそんなにバタバタしていたのか、と言いますと、実は雨漏り110番グループの運営体制をイチから再構築していたのです。
約1年かかりましたが、運営体制を大きく変えました。
具体的に言えば、雨漏り110番グループを運営するための会社を新たに設立しました。

新会社の名前は日本建新(にほんけんしん)株式会社です。
雨漏り110番ネットワークに加盟する全ての会社から出資金を募り設立しました。
これまでは、僕の会社である日本外装株式会社が雨漏り110番グループを運営していたわけですが、これからは皆で出資して設立した日本建新株式会社が運営母体となります。
名実ともに唐鎌の雨漏り110番から、みんなの雨漏り110番になりました。
心機一転新たなスタートです。

そして、新会社である日本建新の代表取締役に就任しました。
これで3社目の代表取締役を務めることになりますが、既存2社と新会社である日本建新には決定的な違いがあります。
既存2社は自分自身が株主であり、いわゆるオーナー社長であるのに対し、日本建新は多くの賛同者から出資を募った非同族企業だということです。
自分以外の株主から経営を任されるカタチ、つまり雇われ社長ということになります。(僕自身も出資者の一人ではありますが)

これまでは自分のお金を元手に、ある意味好き勝手にビジネスで勝負してきたワケですが、新会社では人様の大切なお金を預かり、それを元手に勝負することになります。
20年以上経営者をやってきましたが、雇われ社長をやるのは初めての経験です。
言うまでもありませんが、これまでのように好き勝手にはできません。
雇われ社長である以上、プロセスにおける説明責任が強く求められるます。
なおかつ、結果・成果に対する経営責任を株主から厳しく問われることになります。
もちろんその覚悟と自信があるから社長を引き受けたワケですので、むしろ望むところではありますが。

雇われの身だからと言って、萎縮するつもりは毛頭ありません。
経営責任に対する緊張感を持ちつつも、常にリスクをとって勝負し続けるこれまでの自分の経営スタイルというか、経営者としてのスタンスは変えるつもりは全くありません。
リスクが無いところにはチャンスもありませんし、勝負を挑まない限り勝利を手に入れることはできませんから。
不戦勝を待つようなつまらない人生はまっぴらごめんです。

そんなワケで、齢50歳からの新会社設立、スタートアップとなりました。
身が引き締まる思いです。
これまでに感じたことがない得体の知れない強烈な緊張感を感じています。

雨漏り110番グループは、新会社・日本建新株式会社を運営母体とし、引き続き日本中の雨漏りと戦い続けます。
これまで同様、いや、これまで以上に真摯に情熱をもって雨漏りと向き合います。
今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

日本建新株式会社
代表取締役 唐鎌謙二

【日本建新株式会社データ】
会社名     日本建新株式会社
所在地      〒154-0012  世田谷区駒沢1-17-11 駒沢N・Sビル5階
電話番号     03-6450-8431(代表)
FAX番号     03-6450-8433
資本金      23,150,000円

それでは。

伝説の雨漏りハンター
唐鎌謙二

僕の著書です。→『自分を磨く「嫌われ仕事」の法則』

音声でもお聴きいただけます。→オーディオブック版はこちら

日常の活動状況ブログは日本外装株式会社 社長・唐鎌のブログ

さらにツイッターでもつぶやいてます。

雨漏りハンターと糖質制限。

2016年2月11日(木曜日)

いろいろ思うところがありまして、約1年ほど前から食事を低糖質にしていました。
具体的には主食=炭水化物(ご飯、パン、麺類)を極力減らす食事法です。
昼食の際に茶碗少なめ1杯程度のご飯を食べるだけ。
朝食はなし、夕食は主食抜きです。
グルテンフリーはその前から実践してるので、パン類、麺類はこの1年で数えるほどしか食べていません。

その結果、当然ですが体重が明らかに落ちました。
でも、57~58kgまで落ちたら、その後は全く変わらず安定しています。
おそらく今のこの体重が自分の適正体重ということなのでしょう。

で、今月からほぼ完全な糖質制限に切り替えることにしました。
と言っても、さほど厳格なものではなく、原則として主食(ご飯、パン類、麺類)を摂らないという食事法です。
最近話題になってるMEC食に近い感じです。
主食なしという以外の細かい点にはあまりこだわらないことにしています。
料理に含まれる糖分や、天ぷら・フライの衣、糖質が多い芋類や根菜類などは神経質にならず食べています。
まあ、積極的には摂らないですが。
あまり細かい点までこだわりすぎると実践が難しくなるし面倒くさいですしね。

糖質制限にチャレンジする理由は、この1年の低糖質生活の結果がいいことずくめだからです。
思いのほか得るもの(メリット)が多いと実感しています。
体調はすこぶる好調ですし、毎朝の寝覚めもすごく良いです。
もともと弱かった胃腸の調子が格段に良くなりました。
花粉症の症状が劇的に軽くなりました、というか、ほとんど症状が出ていません。

実は、最近までそれらのメリットは低糖質による効果だと考えておらず、食べる量が減ったことによって胃腸の負担が軽くなり、その結果体調が良くなったと考えていました。
つまり少食によって体調が良くなったのでは?と思っていたのです。

しかし、先日フルマラソンを走った際に、ふと糖質由来のエネルギーに疑念を感じ、いろいろ調べてみたところ、糖質制限に辿り着いたわけです。
いろいろ振り返ってみると思いあたる節が沢山あります。
ご飯類を食べれば食べるほどお腹がすくとか、炭水化物を多めに摂ったあとの睡魔の強烈さとか、アレルギー性鼻炎がひどくなるとか、糖質摂取が多くなると必ず何らかのシグナルが出ていました。

糖質制限に関する書籍を10冊ほど読み込んで、ネットでもいろいろ調べてみたんですが、現時点では賛否両論という感じです。
ただ、炭水化物全般を悪(害)と主張する人たちの中心がお医者たちさんで、そんなお医者さんがとても多く存在する事実には驚きました。
かなりの数の医者が自分自身で実践し、その結果・成果をふまえたうえで推進・推奨しています。
これまでの怪しげなダイエットや健康法とは全く違うところです。
もちろん全体の医者の数からすれば、まだまだ圧倒的に少数派ですけどね。

個人的に感じたのは、糖質制限推進派の医者は皆さん論理的でエビデンスに基いて冷静に客観的に訴えているけど、反対派の医者の主張は感情的で主観的で根拠に乏しいということです。
そして推進派の医者は例外なく自分自身で実践している点も説得力があります。
推進派が糖質制限が正しいと思う根拠をあげて主張してるのに対し、反対派は『いやいや、日本人なんだからご飯を食べるのが普通でしょ、主食を食べないなんて人間としておかしいでしょ』という、結果と根拠をすり替えた感じの主張になっています。
お医者さんなんだから本来は頭が良い人たちのはずなのにちょっと残念。
ガチガチの【変化=悪】主義で、変化を受け入れられない人たち。(笑)

まあ、お医者さん同士の争いはどうでもいいです。
お医者さんにも良いお医者さんと悪いお医者さんがいるわけですから。
僕にとって大切なのは仕事で良いパフォーマンスを発揮するために良いコンディションを保つこと。
そのために糖質制限が良ければ制限するし、糖質食ったほうが良いなら食う、それだけです。
人にとやかく言うつもりもないし、とやかく言われる筋合いでもありません。
自己責任でやってますので。

もともと権威や専門家の言葉を鵜呑みにしない主義ですし、前例や慣習に一切とらわれない天邪鬼な性格なので、理に適ってると思えばとりあえず何でもチャレンジしてみる性分です。
まずは自分の体で人体実験してみて、良い結果が出ればば続けるし、ダメだと思えばヤメればいいだけですから。
今回は、この1年の低糖質生活で思いのほか良い結果が出ているので、一段レベルを上げてほぼ完全な糖質制限にチャレンジしてみようという判断です。

ルールは単純。
主食を摂らない。これだけです。
あまり細かい点まで神経質にならず【主食なし】だけ守ればかなり糖質を抑えられるはずなので。
3月20日のフルマラソンはカーボローディングもせず糖質ゼロのままチャレンジしようと思います。
もし糖質を摂らないで42kmを走り切れたら、そもそも糖質って体に必要なのか?という疑問につながると思いますが。
ほぼ完全な糖質制限を実践して10日目ですが、今のところ問題なし、というか絶好調です。

またレポートします。

それでは。

伝説の雨漏りハンター
唐鎌謙二

僕の著書です。→『自分を磨く「嫌われ仕事」の法則』

音声でもお聴きいただけます。→オーディオブック版はこちら

日常の活動状況ブログは日本外装株式会社 社長・唐鎌のブログ

さらにツイッターでもつぶやいてます。

雨漏り110番マラソン部【結果報告】

2016年2月1日(月曜日)

【雨漏り110番マラソン部結果報告】

雨漏り110番マラソン部館山若潮

雨漏り110番マラソン部の結果報告です。
フルマラソン5名も、10kmマラソン2名も、全員無事に完走することができました。
大応援団のおかげです。
ありがとうございました。

そして僕自身は3時間53分01秒でゴールしました。
(グロスで3時間56分35秒)
自己ベストを大幅に更新すると同時に、これでサブフォーランナーの仲間入りです。

DSC_0009
去年のタイムが4時間28分04秒でしたので約35分縮めたことになります。
まあ一年の成果としては充分良い結果なのではないでしょうか。
我ながら頑張ったと思います。

あと、自分でも本当に驚いているんですが全く筋肉痛になっていません。
去年の11月に走った富士山マラソンの時も筋肉痛は起きませんでした。
どうやら体がフルマラソンに慣れたようです。

一昨年の5月、48歳でランニングを始めた時は、わずか1kmすら走ることができませんでした。
にもかかわらず翌日はひどい筋肉痛でたいへんな思いをしました。(苦笑)

あれから1年8ヶ月、50歳の誕生日を目前に控えた今、42.195kmを4時間弱で走りきった翌日にもかかわらず全く筋肉痛がありません。
体が完全にマラソンに順応してしまったのだと思います。

自分のことながら、人間の体って本当に凄いな、と思いました。
自分のことながら、世の中の大抵のことは【できるか、できないか】ではなく【やるか、やらないか】なんだな、とあらためて思いました。
自分のことながら、人間いくつになってからでも何歳からでも変われるんだな、とつくづく思いました。

そんなことをしみじみ思いつつ【本日も日々に新たなり】です。
マラソンと同じぐらい、いや、マラソン以上に仕事も目一杯頑張ります。

それでは。

伝説の雨漏りハンター
唐鎌謙二

僕の著書です。→『自分を磨く「嫌われ仕事」の法則』

音声でもお聴きいただけます。→オーディオブック版はこちら

日常の活動状況ブログは日本外装株式会社 社長・唐鎌のブログ

さらにツイッターでもつぶやいてます。

雨漏り110番マラソン部

2016年1月24日(日曜日)

1週間後の1月31日に館山若潮マラソンを走る予定です。
去年も走ったので2年連続の出場となります。

去年は一人きりでしたが、今年は雨漏り110番マラソン部の仲間と一緒です。
フルマラソンの部に僕を含む5名、10キロマラソンに2名、計7名で走ります。
応援部隊も沢山来てくれて総勢16名の大所帯になりました。

せっかく大人数が集まるので、マラソン大会終了後、そのまま雨漏り110番グループ社長会議を開催することにしました。
マラソンと社長会議の一石二鳥です。
しっかりと走りきって館山の海の幸で美味しい酒を飲みたいと思います。

それにしても1年前は僕一人きりだったマラソン部(それを部と言っていいのか・笑)ですが、いつの間にかこんなに大人数になって感無量です。
去年僕が館山若潮マラソンを完走できたことで皆も興味を持ってくれたようです。
あの唐鎌でも走れるのであれば俺も走れるかも?と思ったのかもしれません。(笑)
いずれにしても仲間が増えたことは本当に嬉しい限りです。

あくまでも仕事に影響がない範囲でという前提付きになりますが、マラソンやランニングは健康に良いですし、精神的な鍛錬にもなるので、経営者にとってはお薦めのスポーツだと思います。
ゴルフやジムトレーニングなど他のスポーツと違ってシューズさえあればいつでもどこでも気軽に練習できます。
(ゴルフが悪いと言ってるワケではありません)
さほどお金もかからず時間や場所の制約もあまりないので、忙しい経営者には最も向いているスポーツなんじゃないかと個人的に思っています。

何よりもマラソンの良いところは努力と成果がほぼ正確に比例するところです。
もちろん他のスポーツでも大抵の場合、努力と成果は比例するワケですが、マラソンほどそれが如実に表れるスポーツは無いと思います。
頑張れば頑張った分だけ確実に成長できてその結果が目に見えると自分自身の励みになるし継続するモチベーションにつながります。
まあ、アスリートのレベルになるとまた違う面があるのかもしれませんが。

いずれにしても、ランニングを始め、マラソン大会に出場するようになって、自分自身が成長していることを実感できています。
もうすぐ50歳になろうとするオッサンに成長する余地があること自体、本来は恥ずかしいことなのかもしれませんが、成長する余地がある以上、成長しないよりは成長したほうが良いのは間違いありません。
自分が成長することで仲間や社員に多少なりとも良い影響を与えられればいいなと思います。

そして、雨漏り110番マラソン部の部員が増える、つまり走る仲間が増えるということは、雨漏り110番グループの中で成長する分母が広がることにもなります。
結果的に雨漏り110番グループ全体のレベルアップにもつながっているのです。
これからも走り続けることで仲間と一緒に成長していこうと思います。

もちろん本業優先なのは言うまでもありません。
ランニングやマラソンを頑張りすぎて本業がおろそかになったら本末転倒ですので。

そんなワケで、1週間後、雨漏りハンターと愉快な仲間たちが館山の岬を疾走します。
頑張ります。

それでは。

伝説の雨漏りハンター
唐鎌謙二

僕の著書です。→『自分を磨く「嫌われ仕事」の法則』

音声でもお聴きいただけます。→オーディオブック版はこちら

日常の活動状況ブログは日本外装株式会社 社長・唐鎌のブログ

さらにツイッターでもつぶやいてます。

1 / 3012345...102030...最後 »
2017年5月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ