設備架台の防水納め 上尾店

さいたま市の屋上防水です。
防水層の下に侵入した雨水の原因は経年によるアスファルト防水の劣化もありますが、こんなところも雨水侵入位置となっています。
写真は立上り防水層撤去後の画像で、アンテナ支柱に入り込んだ雨水が溜まっています。当然、撤去前は防水層の下に侵入しています。

上尾店防水事例04_01

止水の処置としては、アルミ手摺架台にウレタン防水を巻き込んだ時と同様、アンテナ支柱にエポキシ樹脂を注入しました。
下は別の設備架台です。
こちらは、顎下を覗いてからの仕様検討です。

上尾店防水事例04_02

水切り(ここでは雨水が庇や笠木などの上裏に伝わらないように設けた溝の意味)がある架台は通常の納まりとなりますが、水切りが無い場合には
押さえ金物+水切り金物
水切りテープ+押さえ金物での納まりにしなくてはなりません。
防水端部の納まりは雨仕舞いという考え方が必要となります。

上尾店防水事例04_03

雨漏り110番 上尾店

雨漏り110番 上尾店の施工事例・雨漏りコラム一覧